Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子マネー「ネットキャッシュ」のID、8万件が流出 - 不正アクセスで

NTTカードソリューションが運営するプリペイド式電子決済サービス「ネットキャッシュ」が不正アクセスに遭い、同サービスのIDが流出したことがわかった。流出件数は、8万1105件に上り、すでに327万円分の実被害が発生している。

同社では、流出したIDのうち、販売前の5,0419件と購入されたが未使用だった2286件については利用を停止。しかし、すでに販売され、残高がない2万4363件と利用中の4037件において不正利用されたおそれがあるという。

同社では、専用窓口を設置し、顧客に対してウェブ上で残高を確認し、不正利用により残高が減っている場合は同社まで連絡してほしいとアナウンスしている。同社では不正利用された場合について、個別に購入履歴を確認した上で新しいIDへ交換するという。

同社では、すでにサーバの不具合を修正し、現在は同サービスの運営について問題ないとしている。

(Security NEXT - 2006/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か