Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を含む業務データ入りPCが盗難被害に - 中部テレコミュニケーション

中部テレコミュニケーションは、6月10日に取引先の社員が空き巣被害に遭い、同社の社員や顧客の個人情報を含む業務情報が保存されたパソコンなどが盗まれたことを明らかにした。

被害に遭ったのは、自宅で作業する目的で持ち帰った業務用のパソコン、および個人所有の外部記憶装置など。同社と取引先の社員の電話番号やメールアドレスなど、個人情報が数十件含まれていたという。また顧客情報も含まれているが、詳細は現在調査中だとしている。

パソコンには暗号化処置が施されていたが、外部記憶装置は暗号化されていない。同社では該当する顧客に対し説明と謝罪を行うとともに、取引先を含めて情報の厳正管理を徹底するとしている。

同社では、今年5月にも書類発送時に他の顧客情報が誤混入する事故が発生している。

(Security NEXT - 2006/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト