Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大田区、独居高齢者約1200名分の個人情報を誤廃棄か

大田区保健福祉部は、区内で独り暮らししている高齢者1238名分の個人情報が記載された書類の紛失を明らかにした。

所在が不明となっているのは、入新井特別出張所が管理していた「ひとり暮らし高齢者未登録者調査リスト」と「ひとり暮らし高齢者登録申請書」。独り暮し高齢者計1238名分の個人情報が記載されていた。氏名、住所、性別、生年月日などが含まれていたという。

同区では、書類は誤って廃棄した可能性が高いとしている。今後は管理体制を見直して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究