Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、「ケータイ安全教室」を全国の学校で開催

NTTドコモは、小、中、高等学校の生徒や教員、保護者を対象に、携帯電話のマナーやトラブルの回避策などを説明する「ケータイ安全教室」を実施する。

同安全教室では、携帯電話の安全な使い方を基本テーマとし、使用の際のマナーやトラブルに巻き込まれないための対策方法などを教える。同社はこれまで、各地域ごとに独自の出張型教室を実施してきたが、2006年度からは授業内容を統一し、全国約1000の小、中、高等学校などで実施する予定。

授業内容は小学生向けと中、高校生向けに分かれ、同社が派遣した講師が授業を行う。おもな授業内容は、公共の場での使用ルールや、出会い系サイト、架空請求、いたずらメールなどへの対策方法など。また、携帯電話でできる防犯についても説明する。

開催時期は4月から2007年3月まで。4月12日より募集が開始され、定員になり次第締め切られる。受付方法は地域によって異なる。開催費用は無料。

(Security NEXT - 2006/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MQX RTOS」にRCEなど複数の脆弱性
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応
凸版印刷、共通鍵暗号方式によるIoT機器向けデータ保護サービス
東邦ガスの会員向けサイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
店舗で金庫持ち去り、現金と顧客情報が被害に - ステーキのどん
メルカリ、初回出品時の個人情報登録を義務化 - 盗品対策で
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加