Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、メールアドレス含むファイルを誤ってメールへ添付し送信

日本ネットワークセキュリティ協会は、セキュリティセミナー参加者に案内メールを送信する際、参加者110名分のアドレスが保存されたファイルを誤って添付し、送信する事故が発生した発表した。

流出したのは、同協会主催のセキュリティセミナーに参加を申し込んだ110名分のメールアドレス。3月15日にセミナーの案内メールを送信する際、作業用として作成した参加者のアドレスリストを誤って添付した状態で送信してしまったという。

誤送信の判明後、添付ファイルの削除を依頼するメールを送信。3月16日のセミナー当日に経緯説明と謝罪をした。同協会では、メールアドレスを保存したファイルにパスワードを設定するなど、再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認