Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アルプス技研、元社員のPCから個人情報がネット上に流出

アルプス技研は、元社員の私用パソコンがウイルスに感染し、同社社員の個人情報、および取引先に関する情報などがWinnyネットワーク上に流出していたと発表した。

流出したファイル数は125件で、同社社員の個人情報1007件、および取引先情報661件などが含まれていた。2002年に退職した元社員が在職中、私用パソコンに業務用データを保存して利用しており、退職後もデータを削除しないままだったという。

同社では、業務データの持ち出しを禁止する内規を再度徹底するとともに、個人が私的に所有するパソコンのセキュリティ対策についても注意を喚起して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ