Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバネット、顧客情報が保存されたPCが空き巣被害に

サイバネットシステムは、2月13日に社員の自宅が空き巣被害に遭い、顧客2万6438名分の個人情報が保存された業務用パソコンが盗まれた。

空き巣により持ち去られたパソコンに保存されていた個人情報は、氏名、住所、電話番号、会社名、メールアドレスや購入履歴など顧客2万6438名分。同社では、同日中に被害届を提出したが、15日の時点でパソコンはまだ発見されていない。

同社では、該当する顧客に対し、事情説明と謝罪をするとしている。また再発防止に向け、管理や社員教育体制の強化やハードディスクの暗号化などを実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
PHPがセキュリティアップデート - 5.6系と7.0系がサポート終了へ
「割引」で誘引、ふるさと納税の偽サイトに注意 - 公式サイトよりデータ盗用
Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開