Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月3日に発症し、ファイルを破壊するワームに注意

セキュリティベンダーは、毎月3日に発症し、ファイルを破壊するワームに注意を喚起している。

同ウイルスは、1月中旬に登場した大量メール送信型のワームで、ベンダーにより「WORM_GREW」「Blackmal.E@mm」「W32/MyWife.d@MM!M24」「W32/Kapser.A@mm」「Worm.Win32.Nyxem.e」などと名付けられている。

パソコンへメールの添付ファイルとして侵入し、共有フォルダを経由してネットワークへ拡散するほか、さらに自らのコピーをメールで送信する。

さらにレジストリの変更やセキュリティソフトのファイルを削除したり、操作を妨害する。また毎月3日に発症し、MS OfficeファイルやPDFファイル、zipファイルなどのデータを上書きし、破壊するという。

トレンドマイクロでは、感染報告は少ないものの、ダメージ、感染力いずれも「高」としている。シマンテックでは、被害状況、リスクインパクトを「中」としているが、感染力は「高」として注意を促している。

(Security NEXT - 2006/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト