Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中央三井信託銀行、3支店で約3万2000名の顧客情報を紛失

中央三井信託銀行は、新橋、京都、大宮の3支店において、合わせて3万1542名の顧客情報が記録されたマイクロフィルム8枚の紛失が判明したと発表した。

同行によれば、紛失が判明したのは内部管理資料が記録された「コムフィッシュ」と呼ばれるマイクロフィルム8枚。合わせて3万1542名分のカナ氏名、口座番号、取引金額、残高などの顧客情報が記録されていた。本部での集中管理に向けた移行作業の過程で、紛失が判明したという。

同資料は発見されていないが、同行では誤って廃棄した可能性が高いとしている。また、窓口を設けて問い合わせに応じるとともに、顧客情報の管理をこれまで以上に強化して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生