Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中央三井信託銀行、3支店で約3万2000名の顧客情報を紛失

中央三井信託銀行は、新橋、京都、大宮の3支店において、合わせて3万1542名の顧客情報が記録されたマイクロフィルム8枚の紛失が判明したと発表した。

同行によれば、紛失が判明したのは内部管理資料が記録された「コムフィッシュ」と呼ばれるマイクロフィルム8枚。合わせて3万1542名分のカナ氏名、口座番号、取引金額、残高などの顧客情報が記録されていた。本部での集中管理に向けた移行作業の過程で、紛失が判明したという。

同資料は発見されていないが、同行では誤って廃棄した可能性が高いとしている。また、窓口を設けて問い合わせに応じるとともに、顧客情報の管理をこれまで以上に強化して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ