Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年末年始のグリーティングカードに注意 - IPA

IPAは、グリーティングメールに見せかけたウイルスメールや、システム担当者不在期間の安全管理などについて注意喚起を行っている。

年末年始は、クリスマスカードや年賀状といったメールのやり取りが増加する一方、グリーティングメールに見せかけた新種ウイルスが出現する可能性があると同機構では指摘。また、ウイルスメールは差出人を詐称することが多いため、差出人が知人だからといって安全とは限らず、添付ファイルを開く際には細心の注意を払うよう呼びかけている。

また、年末年始はシステム管理者が不在となり、ウイルス感染やサイト改ざんなどが発生した場合、被害が拡大する可能性があるため、セキュリティ対策の再確認を促しているほか、休暇中に持ち帰ったパソコンは、必ず最新定義ファイルによるウイルスチェックをしてから社内ネットワークへ接続するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生