Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年末年始のグリーティングカードに注意 - IPA

IPAは、グリーティングメールに見せかけたウイルスメールや、システム担当者不在期間の安全管理などについて注意喚起を行っている。

年末年始は、クリスマスカードや年賀状といったメールのやり取りが増加する一方、グリーティングメールに見せかけた新種ウイルスが出現する可能性があると同機構では指摘。また、ウイルスメールは差出人を詐称することが多いため、差出人が知人だからといって安全とは限らず、添付ファイルを開く際には細心の注意を払うよう呼びかけている。

また、年末年始はシステム管理者が不在となり、ウイルス感染やサイト改ざんなどが発生した場合、被害が拡大する可能性があるため、セキュリティ対策の再確認を促しているほか、休暇中に持ち帰ったパソコンは、必ず最新定義ファイルによるウイルスチェックをしてから社内ネットワークへ接続するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も