Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝ソリューション、医薬品業界向けの情報漏洩防止ソリューションを発売

東芝ソリューションは、医薬品企業の医薬情報担当者が使用するモバイルPCからの機密情報漏洩防止に特化したセキュリティソリューションを2006年1月より発売する。

同ソリューションは、医薬情報担当者のPCからの機密情報および個人情報流出事故が多発している現状を受け、個人情報や機密情報の保存、管理用途向けに開発した。

デジタル著作権管理技術によりWordやExcelで作成した電子ファイルそのものに、有効期限による自動削除や閲覧、修正、印刷、画面コピーの制御といった操作権限を設定して、機密情報の漏洩を防止する。

また、プリントアウト時の制限することにより社外でのプリントアウトの防止や外部装置へのコピーなどについてコントロールを実現した。

(Security NEXT - 2005/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社