Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンドユーザーの目線でサーバを監視 - 「ResponseTime for Web」

NetIQは、ウェブサービスの提供状況を監視する監視ツール「ResponseTime for Web 6.3」を、12月5日より発売する。

同製品は、ウェブサーバやバックエンドではなく、エンドユーザーの視点から定期的にウェブサーバの稼動状況を確認するツール。一連のトランザクションを実行することにより、ウェブサーバの動作を確認でき、ウェブサイトにおけるログインや取引など、ウェブアプリの機能が正しく実行できるか監視する。また所要時間やスピードなどのデータを取得することも可能。

設定以下のサービスレベルへ達した場合、アラートを設定可能。価格は、1ライセンス当たり50万4000円。別途保守料金が必要。

(Security NEXT - 2005/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応