Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

他の会員情報誤表示でウェブサイトを一時閉鎖 - ローソンチケット

ローソンチケットは、会員からウェブ上で他顧客の個人情報が漏洩しているとの連絡を受け、関連するウェブサイトを24日に閉鎖、現在原因究明を進めている。

誤表示が発生した可能性があるのは、ローソンチケット・ドットコムと同社が運営を受託しているJCBオンラインチケットセンター。会員からアクセスしている本人とは異なる第三者の個人情報が表示されるとの連絡を受けたもので、9月30日から10月19日までそれぞれ2件の誤表示に関する問い合わせがあったという。

同社では誤表示が発生した可能性のある期間や会員を特定できたものの原因が把握できておらず、PC向けウェブと携帯サイトを一時閉鎖、現在も調査を進めている。

対象期間は、ローソンチケット・ドットコムが9月30日から10月20日まで、JCBオンラインチケットセンターは、9月30日から10月17日まで。対象期間中に両サイトを利用した会員は、合計4万8781名。表示された情報は状況により異なるが、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、性別、誕生日、職業、地域などが表示された可能性がある。

同社では会員に対し、メールや郵便で事故を説明、謝罪するとしている。現在、ウェブによるチケットの申し込みを停止しており、電話による受付を利用してほしいとしている。

(Security NEXT - 2005/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も