Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年金資金運用基金、貸付情報が記載された書類を紛失

年金資金運用基金は、顧客情報が記載されている年金担保貸付関連書類を紛失したと発表した。

紛失した書類は、年金担保貸付に関する書類や、債権管理関係の資料、借入申込書など197件。旧年金福祉事業団が2000年以前に貸し付けた情報で、氏名や住所、生年月日に加え、借り入れ日や返済内容が含まれていたという。2001年以降の顧客や現時点で返済を継続している顧客の情報は含まれていない。

同基金では、書類について誤廃棄の可能性が高いとしている。

(Security NEXT - 2005/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供