Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカ、ログ収集や監視が行える統合セキュリティソリューションを発売

マクニカネットワークスは、米ArcSightの企業向けセキュリティマネジメントソリューション「ArcSight ESM V3.0」の販売を開始した。

同製品は、「ArcSight SmartAgents」「ArcSight Manager」などおもに7種類のコンポーネットで構成されたセキュリティソリューション。

セキュリティデバイスやセキュリティソフトウェアのログ情報取得や、脆弱性情報、資産情報などを一括管理し、データベースとして統合管理が行える。また、監視機能により、リアルタイムのモニタリングやレポート機能を利用できるほか、管理者へのアラートなども可能。今後は、セキュリティデータを自動的に監視し、パターン化するモジュールを提供する予定。

(Security NEXT - 2005/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も