Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東日本ら、セキュリティ有料診断サービスのメニューを拡充

NTT東日本、日本テレマティーク、ラックの3社は、NTT東日本の「セキュリティ総合診断サービス」に新サービスを追加し、10月21日より提供開始する。

今回追加となるのは、「ログ収集による内部セキュリティ診断サービス」「セキュリティホールスコア診断サービス」「エンドユーザモラル/PC環境診断サービス」の3サービス。ツールにより技術的な観点から企業のセキュリティ状況などを診断する。

「ログ収集による内部セキュリティ診断」では、クライアントのログ収集サーバを社内に設置、クライアントの利用状況などを記録し、分析する。診断期間は約1カ月で、料金は52万5000円から。

「セキュリティホールスコア診断」では、サーバのセキュリティパッチの適用状況やルータ、ファイアウォールのセキュリティホール、クライアントPCのOSアップデート状況などを確認し、セキュリティの対応恐々を調査する。診断期間は約1日で、47万2500円から。

「エンドユーザモラル/PC環境診断」では、セキュリティ更新プログラムやウイルス対策、セキュリティ規定の遵守状況など、クライアントPCの状況を調査、指針やアドバイスをレポートとして提供する。診断期間は約1カ月で価格は42万円から。

(Security NEXT - 2005/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性