Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秘密分散法を採用したメールソフトを発売 - 日立

日立製作所は、秘密分散法によりメールを複数に分割して送受信することで情報漏洩を防ぐセキュリティソリューション「メール割符」を11月1日より発売する。

同製品は、データを複数に分割することで漏洩を防ぐ秘密分散法をメールに応用したもの。専用のUSBフラッシュメモリに搭載されており、パソコンに差し込むだけで起動、利用できる。

メールの本文および添付ファイルを割符化して送信するとともに、受信しても専用メモリがないと復号化できない。また、パソコンには分割された状態で保存されるため、盗難時にも情報の漏洩を防ぐことができる。

価格は、ソフトウェア内蔵のUSBフラッシュメモリを含む、10ユーザーライセンス分の基本セットが36万7500円から。

(Security NEXT - 2005/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も