Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドアを握れば鍵が開く生体認証 - 日立が開発

日立製作所は、自動車や住宅のドアなどに応用できるグリップ型の指静脈認証技術を開発したと発表した。

同技術では、指の甲の静脈パターンを確認し、本人を確認できるもの。従来の指の腹側と異なり、甲側では握る動作により明瞭なパターンを得られ、さらに指の一を誘導するドアハンドルを採用したことで安定した認証を実現したという。

同社では、「第39回東京モーターショー2005」へ自動車のドアへ同技術を応用したモデルを出展する予定。

(Security NEXT - 2005/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス