Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ上でファックス番号を誤記載 - 1年以上気が付かず

松下電器産業は、同社がウェブサイト上で案内した「フィーリングアーツ研究会」のファックス番号に誤植があり、利用者が誤った番号へファックスを送付する事故が発生したと発表した。問題となったページはすでに削除されている。

誤送信された書類には、「氏名」「住所」「電話番号」「勤務先」など1件の個人情報が記載されており、同社では、該当する利用者へ経緯を説明した上で謝罪。また、誤って記載したファックス番号の所有者にも謝罪し、ファックスの破棄を依頼したという。

誤植があったページは、2004年5月より公開していたが、今回の事故まで誤植に気が付かなかったという。また、誤植されていたファックス番号の持ち主も今回以外にファックスが送られてきたことはなかったとしている。

(Security NEXT - 2005/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も