Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

急激なウイルス増加に一部サービスを変更 - NTT東西

NTT東西は、現在提供中のセキュリティサービス「フレッツ・セーフティ」のサービス変更を発表した。

「フレッツ・セーフティ」は、両社のブロードバンド接続サービスユーザーの宅内へ機器を設置し、セキュリティを確保するサービス。

ウイルスの急激に増加しており、対策ファイルのサイズが増加したため、機器のメモリ容量が不足するおそれがあるという。メモリ不足となった場合、対策ファイルの更新ができないなど、一部対応機器が正常に機能しない可能性がある。

NTT東日本が提供していた「Web Caster GateLock X200」については、11月ごろに容量をオーバーする見込みで、早急に対応する必要があるとしている。両社では、一定期間レンタル料金を無料でサービス提供するなど対応する。

両社は、対策ファイル圧縮のほか、今後は最新機器を提供できるレンタル方式に一本化するとしている。

(Security NEXT - 2005/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も