Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JA北海道信連、DMはがき70枚を紛失 - 口座番号も

北海道信用農業協同組合連合会は、9月5日に、JAあさひかわ春光台支所から作成委託を受け、同会の事務センター内で作成したDMはがき70枚の紛失が判明したと発表した。

同発表によれば、紛失したのはJAあさひかわ春光台支所の利用者70名分のDMはがきで、普通貯金などの利用者に利息の内容を知らせるもの。表面には住所および氏名、糊付け処理された内側には口座番号や貯金残高などが記載されていた。

同はがきは同会の事務センターで作成したもので、JAあさひかわへ送付する際に紛失した可能性が高いという。紛失発覚後ただちに捜索したが、発見には至らなかった。被害に遭った利用者に対しては、個別に訪問して事実説明と謝罪をした。今後は、個人情報に関わる書類授受の際のチェックを厳格化して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン