Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、8月の届出状況を発表 - Windowsの脆弱性を悪用したワームが発生

情報処理推進機構(IPA)は、2005年8月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況を発表した。

同発表によれば、ウイルスの検出数は約337万個と、7月の約379万個から11.0%の減少となった。また、届出件数は4470件となり、7月の4536件から1.5%の減少となった。そのうち、「W32/Netsky」の検出数は総検出数の約8割を占める約267万個となり、18カ月連続でトップとなった。続いて、「W32/Mytob」約57万個、「W32/Bagle」約3万個、「W32/Mydoom」約3万個となった。

また、8月はWindowsのセキュリティホールを悪用する「W32/Zotob」や「W32/Bobax」などのワームが次々と発生した。これらのワームは、インターネットに接続しているだけで感染する可能性のあるもので、ボットとしての機能も持っており、感染すると他者への攻撃の踏み台として使われる危険性もある。

脆弱性が公開されてから、それを悪用するワームが出現するまでの期間が短くなっているため、なるべく早くセキュリティ更新プログラムを適用することが重要だとしている。また、週1回はパソコン内を検査して、感染の有無を確認するよう求めている。

不正アクセスの届出件数は41件で、そのうち被害のあった件数は12件だった。被害の内訳は、侵入8件、DoS攻撃2件、その他2件だった。相談件数は43件で、アダルトサイトを閲覧した後に「振り込め詐欺」のメールを送りつけられたという事例が、7月に引き続き多数あったという。

(Security NEXT - 2005/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社