Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メールをサーバ上で削除するフリーウェア - ニュースビット

ニュースビットは、POP3サーバから指定したメールだけを直接削除するソフト「BitDelete」の無料配布を開始した。同社のウェブサイトおよびVectorなどのダウンロードサイトにて提供される。

同ソフトは、必要なメールはサーバに残し、迷惑メールなどの不要なメールだけを削除するもの。ヘッダーだけを受信して送信者や件名、日付、メール形式、文字識別コードなどを表示するため、それらの情報で判断して、迷惑メールや不要なメールを一気に削除することができる。

本文表示機能もあるため、ヘッダーの情報だけでは削除の判断がつかない場合でも、メール形式がtext/plainであれば、本文を表示して内容を確認することができる。なお、同ソフトを利用するには、同社からのメールを受信する必要がある。

(Security NEXT - 2005/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究