Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融機関の個人情報紛失は678万件 - 金融庁一斉点検結果

金融庁は、4月の個人情報保護法や各業法施行規則等の施行に合わせ、預金取扱金融機関、証券、保険など、監督下の金融機関について個人情報管理態勢の一斉点検を実施し、その結果を公表した。

同点検では、個人情報保護法や改正銀行法施行規則の施行を踏まえた金融機関の個人情報管理態勢の有効性や実効性についての検証を求めたもの。さらに、4月1日時点において個人情報について、漏洩、滅失、毀損が生じていないか点検するよう求めている。

1069機関について調査したところ、26.8%にあたる287機関において個人情報の紛失などが発覚したという。書類の紛失がもっとも多く、215機関。コムフィッシュが163件と続いた。

紛失件数の合計は、678万件に上った。99.9%が紛失や所在が不明となっており、99.2%については誤廃棄の可能性が高いとの報告を受けているという。ほとんどが個人情報保護法施行以前のものだが、5機関においては、法施行後の漏洩と報告を受けた。

また、一斉点検以外の事案では、184.5万件の漏洩が明らかになっており、4月1日以降も129.1万件あった。

(Security NEXT - 2005/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも