Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、機密情報のライフサイクルを一元管理するシステムを発売

NTTコミュニケーションズは、顧客情報などの機密情報について、ダウンロードから送受、廃棄までのライフサイクルを一元管理するパッケージソフトウェア「情報ライフサイクル管理システム(LCVISOR)」を発売した。

同製品は、顧客情報などの機密情報について、データのダウンロードから送受、保管、廃棄に至るまでのライフサイクルを一元管理し、情報の所在の明確化や廃棄漏れのチェックなどを行うもの。廃棄漏れに対するアラーム機能も備えているため、廃棄忘れによる情報漏洩を抑止できる。

また、パソコン端末と携帯電話のブラウザによる操作が可能なほか、カード型認証製品や暗号化商品など、他社のセキュリティ商品と組み合わせたカスタマイズもできる。価格は、100ライセンス当たりの初期費用が84万円、月額保守料が6万3000円からとなっている。

(Security NEXT - 2005/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院