Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログオン情報を印刷して、文書データの漏洩を抑止 - 沖データ

沖データは、ログオンIDや出力したプリンタ、時間などを背景として印刷することで、不正持ち出しによる文書データの漏洩を抑止する「ログオン情報強制印刷ソリューション」の提供を、7月末より開始する。

同ソリューションは、同社のページプリンタ3機種とユーザー用プリンタドライバ、および管理者用ユーティリティソフトで構成されている。PCにログオンする際のIDや出力したプリンタ、時間などを背景として印刷するため、万一情報が流出した場合、流出元が速やかに特定できる。

印刷された情報はそのまま読めるので、スキャナーや専用の読み取りソフトは必要ない。また、ユーザーごとの設定も可能で、情報を印刷しない設定や、印刷する情報を選んでカスタマイズすることもできる。

(Security NEXT - 2005/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社