Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーフコントロール、企業向けスパイウェア対策ソフトなどを発売

サーフコントロール ジャパンは、企業向けのスパイウェア対策ソフトウェア「Enterprise Threat Shield」と、ウェブフィルタリングソフトウェアの最新版「Web Filter 5.0日本語版」を発売する。

「Enterprise Threat Shield」は、企業ネットワークのファイアウォール内に設置し、Windows Server 2003にインストールして使用する企業向けスパイウェア対策ソフト。スパイウェア全般、P2Pファイル共有ソフト、インスタントメッセージ、ゲームの4つのカテゴリにおいて、3万以上のデータベースをもとにスパイウェアの侵入を防ぐ。

「Web Filter 5.0日本語版」は、職場に不適切なウェブサイトを遮断し、不要なコンテンツのダウンロードを拒否するソフト。最新版では、レポートなどのユーザーインターフェースが日本語化されたほか、スパイウェアやアドウェアなどをフィルタリングする「スパイウェア・カテゴリ」がデータベースに追加された。価格はいずれも、100から499名規模の導入時で、1ユーザー当たり6615円から。

(Security NEXT - 2005/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定