Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三光純薬、個人情報2万件が保存されたPCが盗難 - 回収PCに不正アクセスの形跡

三光純薬は、5月8日から9日にかけて営業車から2万3444名分の個人情報が保存された業務用パソコンが盗まれたと発表した。

保存されていた個人情報は、2万3444名分の顧客、取引先、同社および関連会社の従業員に関する氏名、所属施設、企業名など。そのうち296件には自宅住所および電話番号も含まれていた。

同社によれば、被害に遭ったパソコンは、5月15日に都内で遺棄されているのが発見。保存情報についてアクセスの有無を調査したところ、4394名分に第三者によるアクセスの形跡が見つかったという。

同社では、アクセスの形跡および自宅住所と電話番号が記録されていた被害者に対し、事情を説明し、謝罪しているという。また再発防止に向け、従業員の教育や社内管理体制の整備を一層強化するとしている。

(Security NEXT - 2005/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区
なりすまし仮会員登録、約7時間に約29万件 - サンドラッグ
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市