Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リコー、個人情報入りパソコンが盗難被害

リコーは、ノートパソコンが盗難被害に遭い、顧客情報を紛失したと発表した。

同社によれば、3月25日、東京都内において帰宅途中の同社グループ社員が顧客の個人情報が保存されたノートパソコンを鞄ごと盗難されたという。

盗難にあったパソコンには、同社ソフトを導入している18656社の情報が保存されており、企業名、所在地、電話番号のほか、一部では代表者名、担当者名および所属といった個人情報が保存されていたという。

同社では、同日に被害届を提出。顧客情報にはパスワードがかけてあり、事実上アクセスできないとしている。

(Security NEXT - 2005/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
県立高校で個人情報含む書類を紛失 - 埼玉県
都教委の採用に関するサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
ユニクロとGUサイトにPWリスト攻撃 - 約46万件で不正ログイン
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測