Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ガンホー、不正アクセスにより顧客情報550件が改ざん

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、3月27日にネットワーク網への不正アクセスを受け、顧客情報の一部が改ざんされたと発表した。

同社の調査によれば、550件の顧客情報が不正アクセスを受け、GungHo-IDのパスワード、メールアドレス、秘密の質問、秘密の答えなどが改ざんされたという。クレジット番号などの信用情報については、改ざんの事実はない。また、現時点では、第三者による情報の不正使用、ならびに流出の事実は確認されていない。

同社では、改ざんの対象となった顧客に謝罪と報告のメールを出すとともに、改ざんされた顧客情報はすべて修復した。また、社内の「情報セキュリティ委員会」を中心として、原因究明のための調査を開始したという。さらに、専用の窓口を設置して問い合わせに対応するとしている。

(Security NEXT - 2005/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用