Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ガンホー、不正アクセスにより顧客情報550件が改ざん

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、3月27日にネットワーク網への不正アクセスを受け、顧客情報の一部が改ざんされたと発表した。

同社の調査によれば、550件の顧客情報が不正アクセスを受け、GungHo-IDのパスワード、メールアドレス、秘密の質問、秘密の答えなどが改ざんされたという。クレジット番号などの信用情報については、改ざんの事実はない。また、現時点では、第三者による情報の不正使用、ならびに流出の事実は確認されていない。

同社では、改ざんの対象となった顧客に謝罪と報告のメールを出すとともに、改ざんされた顧客情報はすべて修復した。また、社内の「情報セキュリティ委員会」を中心として、原因究明のための調査を開始したという。さらに、専用の窓口を設置して問い合わせに対応するとしている。

(Security NEXT - 2005/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
個人情報含む表計算ファイルを誤掲載 - 浦添市
凸版印刷、セキュリティ人材の育成で新会社
感染PCから迷惑メール、顧客情報流出か - ニッポンレンタカー
ネット経由で学生情報が閲覧可能に、設定ミスで - 室蘭工業大
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
協議会関係者のメアド流出、誤送信で - 宇治市
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
「カテエネ」不正ログイン、78件があらたに判明 - ポイント交換も