Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UFJ銀行を騙ったフィッシングメールに注意 - SSL証明書の確認を

UFJ銀行は、同行をかたって本人確認を促すメールを送り、偽装サイトに誘導してクレジットカードの会員番号や暗証番号などを詐取するフィッシング詐欺が発生しているとして、注意を呼びかけている。

同行では、ホームページで暗証番号やパスワードなど重要情報の入力を受付ける場合には、SSLによる暗号化通信を行っているとして、SSLサーバ証明書を確認するよう求めている。

サーバ証明書は、画面右下の鍵のマークをダブルクリックすると表示され、証明書の発行先が同行のドメイン名「ufjbank.co.jp」で終わっていることや、英文組織名が「UFJ Bank Limited」であることも確認するようアナウンスしている。

同行では、メールによる本人確認などは実施していないとして、万一同行の名前でメールが届いた場合でも、安易にリンク先ホームページにアクセスしたり、個人情報を入力しないよう求めている。

(Security NEXT - 2005/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
個人情報含む表計算ファイルを誤掲載 - 浦添市
凸版印刷、セキュリティ人材の育成で新会社
感染PCから迷惑メール、顧客情報流出か - ニッポンレンタカー
ネット経由で学生情報が閲覧可能に、設定ミスで - 室蘭工業大
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
協議会関係者のメアド流出、誤送信で - 宇治市
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
「カテエネ」不正ログイン、78件があらたに判明 - ポイント交換も