Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UFJ銀行を騙ったフィッシングメールに注意 - SSL証明書の確認を

UFJ銀行は、同行をかたって本人確認を促すメールを送り、偽装サイトに誘導してクレジットカードの会員番号や暗証番号などを詐取するフィッシング詐欺が発生しているとして、注意を呼びかけている。

同行では、ホームページで暗証番号やパスワードなど重要情報の入力を受付ける場合には、SSLによる暗号化通信を行っているとして、SSLサーバ証明書を確認するよう求めている。

サーバ証明書は、画面右下の鍵のマークをダブルクリックすると表示され、証明書の発行先が同行のドメイン名「ufjbank.co.jp」で終わっていることや、英文組織名が「UFJ Bank Limited」であることも確認するようアナウンスしている。

同行では、メールによる本人確認などは実施していないとして、万一同行の名前でメールが届いた場合でも、安易にリンク先ホームページにアクセスしたり、個人情報を入力しないよう求めている。

(Security NEXT - 2005/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に
北朝鮮関与「HIDDEN COBRA」のツールに新亜種 - 米政府が情報公開
要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も