Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力、103件分の顧客情報が記載された資料を紛失

中部電力は、3月1日、検針員が検針作業の実施中に、103件分の顧客情報が記載された検針予定一覧表を紛失したと発表した。

同社によれば、検針予定一覧表4枚を携帯して検針を実施していたが、検針の終了後、その内の1枚がなくなっていることに気付いたという。紛失した一覧表には、顧客の名前や計器番号、顧客番号といった個人情報103件分が記載されていた。

その後ただちに捜索したが見つからず、警察署に遺失届を提出したという。同社では、検針予定一覧表は極力携帯しない、検針予定一覧表の存在を確認しながら行動するといった再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2005/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正