Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそなグループ、偽造キャッシュカード対策を推進

りそなホールディングス、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行、奈良銀行の5行は、偽造キャッシュカード対策を推進すると発表した。

偽造キャッシュカード被害への補償を皮切りに、偽造被害の抑制を目指し利用限度額の一律引き下げを3月から実施する。また、2005年10月をめどにキャッシュカードロックシステムを導入し、紛失や盗難時の漏洩を防ぐ。

また、2006年には、磁気カードより偽造高いとしてICカードを導入するほか、利用限度額の個別設定サービスや、不正取引検知システムを導入する見込み。

(Security NEXT - 2005/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
偽「津波警報発表」メールに注意 - 不安煽って偽サイトへ誘導
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業