Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本雑誌協会、出版社における個人情報保護対策の手引きを公開

日本雑誌協会は、書籍協会と雑誌協会の合同ワーキンググループにて、個人情報保護の対策について検討し、手引書を公開した。ウェブサイト上で会員向けに配布している。

個人情報保護法の完全施行により、出版社においても事業者として一定の義務を課されるケースがあるとして、用意したもの。個人情報保護法の解説や事業者に求められる措置をまとめた。また、従業員が遵守するべき内容や、出版社が利用できる契約書の事例集などを収録した。

(Security NEXT - 2005/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドラマエキストラ応募者への連絡メールで誤送信 - TBS
資産管理製品「LanScope」に権限昇格の脆弱性
顧客情報含む定期預金期日管理表を紛失 - 三重銀
2支店で顧客情報記載の伝票綴りを紛失 - 京都中央信金
システム不具合で信用情報を誤登録 - UQコム
標的型攻撃相談、2019年度上半期は221件 - 80件でレスキュー支援
パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も
再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性
偽ヤマダ電機の詐欺メールに注意 - 「iPhone 11 Pro Max当選」と誘導
WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性