Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本雑誌協会、出版社における個人情報保護対策の手引きを公開

日本雑誌協会は、書籍協会と雑誌協会の合同ワーキンググループにて、個人情報保護の対策について検討し、手引書を公開した。ウェブサイト上で会員向けに配布している。

個人情報保護法の完全施行により、出版社においても事業者として一定の義務を課されるケースがあるとして、用意したもの。個人情報保護法の解説や事業者に求められる措置をまとめた。また、従業員が遵守するべき内容や、出版社が利用できる契約書の事例集などを収録した。

(Security NEXT - 2005/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
木工ワークショップのウェブサイトが改ざん被害
名簿など保育園情報含むUSBメモリが所在不明 - 瀬戸内市
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
既知の「Office」脆弱性を狙うメールが流通 - あらためて更新済みか確認を
「SECCON CTF 2019」の開催日程が明らかに
OSSのwikiシステム「GROWI」に2件の脆弱性 - アップデートがリリース
東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を
外部サイトで流出アカウント情報を確認 - 医学系出版社
大阪市でシステム障害、証明書など発行できず