Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本雑誌協会、出版社における個人情報保護対策の手引きを公開

日本雑誌協会は、書籍協会と雑誌協会の合同ワーキンググループにて、個人情報保護の対策について検討し、手引書を公開した。ウェブサイト上で会員向けに配布している。

個人情報保護法の完全施行により、出版社においても事業者として一定の義務を課されるケースがあるとして、用意したもの。個人情報保護法の解説や事業者に求められる措置をまとめた。また、従業員が遵守するべき内容や、出版社が利用できる契約書の事例集などを収録した。

(Security NEXT - 2005/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院