Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsアプリケーションの認証情報を保管して自動ログイン - アラジン

アラジンジャパンは、セキュリティデバイスにより各種Windowsアプリケーションの認証情報の保管、自動ログインを実現する「eToken SSO」を発売した。

同ソリューションは、WindowsアプリケーションのID、パスワードといった認証情報をセキュリティデバイスであるeTokenに保管するとともに、ログイン画面への自動入力を可能にするもの。保管された認証情報は、eTokenのセキュリティ機能により保護される。また、暗号化によるバックアップも可能。

さらに、管理者による認証情報の細かな制御が可能なため、組織のセキュリティポリシーに即した運用と管理を行うことができる。価格は、10ユーザー用導入パックで14万8900円となっている。

(Security NEXT - 2005/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
県立高校で個人情報含む書類を紛失 - 埼玉県
都教委の採用に関するサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
ユニクロとGUサイトにPWリスト攻撃 - 約46万件で不正ログイン
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測