Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プロトン、Outlookで送信するメールの不正利用を防止するソフトを販売

プロトンは、米Treasure Coast Softwareが開発した電子メール情報漏洩対策ソフトウェア「Mail-Lock」を、3月1日より販売する。

同ソフトは、Microsoft Outlookで送信するメッセージや添付ファイルに対して、印刷、転送、コピーなどの制限や、閲覧期限を設定することで情報を保護するもの。送信後の情報漏洩や不正利用の防止に効果があるとしている。

また、メッセージを自動的に暗号化して送信することで、送信中の改ざんを防ぐことができる。受信者は、無償の閲覧専用ビューワを使うことにより、複合化された受信メールを予め設定されたポリシーの範囲内で取り扱うことが可能となる。価格は、10ライセンスで11万2700円(税別)となっている。

(Security NEXT - 2005/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も