Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ関西、一部ユーザーにパケット通信料を誤請求

NTTドコモ関西は、iモード版ドコモ関西ホームページにおいて、一部ユーザーにパケット通信料を誤請求していたと発表した。

同社によれば、一部サイトの無料化に伴うURLの変更を行った際、自動的にトップページへ誘導するプログラムに設定ミスがあった。そのため、通信中の状態のままとなり、その間のパケット通信料が課金されてしまったという。

誤請求の対象となるのは、2004年7月1日から8月17日までの間、iモード版ドコモ関西ホームページの旧URLを登録したブックマークから、または直接入力によりアクセスしたユーザー。誤って課金された分の通信料は、2005年1月請求分の料金から減算して返還するとしている。

(Security NEXT - 2004/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も