Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁がIEパッチの有効性についてコメント

警察庁は、マイクロソフトが公開したセキュリティ修正プログラムの有効性について検証を実施、結果を公表した。

警察庁では、従来より公開されていたMicrosoft Internet Explorerの脆弱性(MS04-040)を悪用した攻撃プログラムの動作について検証を行っており、一定の条件において攻撃プログラムによる影響を確認していた。

脆弱性とは、同ブラウザの機能「IFRAME」の脆弱性を悪用するもので、攻撃を受けるとバックドアを作成される。今回、同脆弱性を解決するとされる修正プログラムが公開されたのに伴い、検証が実施された。同庁の検証によれば、「Windows 2000 Pro SP4」「同XP Pro/HOME」「同XP Pro/HOME SP1」いずれも問題がないことが確認されたという。

@police
http://www.cyberpolice.go.jp/

(Security NEXT - 2004/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町