Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社保庁から未納者リストが流出 - 個人情報156名分

社会保険庁、 東京社会保険事務局 から156件の年金保険料未納者リストが流出していたことが明らかとなった。

東京社会保険事務局八王子社会保険事務所の職員が個別訪問時に紛失したもの。戸別訪問時にリストを持ち出すことは禁止されていた。同事務局は処分を検討しているという。

(Security NEXT - 2004/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
個人情報含む調査関係書類を紛失 - 千葉県
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
2019年4Qの「JVN iPedia」新規登録は4434件、OS関連の登録目立つ
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
Citrixがアップデート公開をさらに前倒し - のこるは1製品のみ
「IE」脆弱性に対するゼロデイ攻撃、国内でも
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
職員の人事記録漏洩、犯人不詳のまま告発 - 弘前市