Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティソリューションの販売で12社が協業

情報システム関連12社が共同で「東日本セキュリティコンソーシアム」を発足し、セキュリティソリューションの販売で協業すると発表した。

今回の協業は、2005年春の個人情報保護法完全施行に向けて、豊富な実績と高い信頼度を兼ね備えたセキュリティソリューションの提供を目的としたもの。各13社の取り扱う製品、サービスおよび構築ノウハウなどを互いに支援、補完しながら、東日本全域へのセキュリティソリューションの展開を行う。

参加企業は、アトムシステム、イーストラテジー、インフォコム、ぐんぎんシステムサービス、サイバーファーム、システムイオ、スマートティプス、セコム上信越、テプコシステムズ、千代田組、東北インフォメーション・システムズ、日発販売、両毛システムズの12社。

具体的な活動として、11月下旬より東日本各地で「セキュリティ・キャラバンセミナー」を開催して、セキュリティソリューションの紹介、解説を行う。また、西日本地域ですでに活動している「西日本セキュリティコンソーシアム」とも連携して、情報共有を行う。

(Security NEXT - 2004/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か