Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VISA認証サービス」を偽装したフィッシングメールに注意

ビザ・インターナショナルは、「VISA認証サービス」を偽装した日本語のフィッシングメールについての調査報告を発表するとともに、注意を呼びかけている。

同社は11月8日以降、日本人数十名から、インターネット決済時における会員認証サービス「VISA認証サービス」を偽装したメールを受信したという報告を受けた。同メールは、セキュリティ強化やサービスの継続と偽って詐欺サイトのURLに受信者を誘導し、カード番号や有効期限、パスワードを入力させようとする。

同社では、eメールや電話を使ってカード会員の個人情報、および機密情報を確認することは決してないとして、注意を呼びかけている。また同社の調査によれば、不特定のアドレスにメールが配信されているため、会員のアドレスが漏洩したとは考えられないとしている。

(Security NEXT - 2004/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず