Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VISA認証サービス」を偽装したフィッシングメールに注意

ビザ・インターナショナルは、「VISA認証サービス」を偽装した日本語のフィッシングメールについての調査報告を発表するとともに、注意を呼びかけている。

同社は11月8日以降、日本人数十名から、インターネット決済時における会員認証サービス「VISA認証サービス」を偽装したメールを受信したという報告を受けた。同メールは、セキュリティ強化やサービスの継続と偽って詐欺サイトのURLに受信者を誘導し、カード番号や有効期限、パスワードを入力させようとする。

同社では、eメールや電話を使ってカード会員の個人情報、および機密情報を確認することは決してないとして、注意を呼びかけている。また同社の調査によれば、不特定のアドレスにメールが配信されているため、会員のアドレスが漏洩したとは考えられないとしている。

(Security NEXT - 2004/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都内でフィッシングの動向や改訂GLの報告会 - フィ対協
「Firefox」脆弱性、国内で悪用を確認 - JPCERT/CCが注意喚起
2019年4Qは脆弱性の届け出が半減 - ウェブ関連が大幅減
農林業センサスの関係書類を紛失 - 備前市
メルアカに不正アクセス、迷惑メール送信 - 東京企画
レジ用品通販サイトに不正アクセス、顧客のメアドが流出
「IBM Watson IoT MessageGateway Server」に深刻な脆弱性
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
個人情報含む調査関係書類を紛失 - 千葉県
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表