Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、不正アクセスを防止するアプライアンス製品を発表

シマンテックは、マルチギガビット対応の侵入防止機能や企業のセキュリティポリシーに応じて透過的に脅威をブロックするインライン配備機能を搭載した「Symantec Network Security 7100 シリーズを発表した。11 月中旬から下旬にかけて出荷開始となる見込み。

同製品は、インラインモード、パッシブモードいずれも配備可能で、ルーターあるいはスイッチのポートに接続して、トラフィックを監視できる。また、異常検知、脆弱性を狙った攻撃の遮断、シグネチャの照合、DoS攻撃およびポートスキャンの検知、IDS 回避攻撃検知などの複数の検知技術を組み合わせることで、さらに総合的なネットワーク保護機能を実現した。

(Security NEXT - 2004/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Dubbo」にRCE脆弱性 - 2019年12月の更新で修正済み
「地域おこし協力隊」希望者向けのメールで送信ミス - 飯田市
職業技術専門校でメール誤送信 - 大阪府
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
ネットワークカメラ向けアプリに認証不備の脆弱性
日本郵便に不正アクセス - 約4000件の不正メール
北朝鮮関与の複数マルウェア、米政府が分析情報
「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「EC-CUBE」のセキュリティ状況をチェックできる無料ツール
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性