Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファーストサーバ、ACCS不正アクセス事件についてコメント

コンピュータソフトウェア著作権協会のホスティングを行っていたファーストサーバは、2003年11月に発生した不正アクセス事件に関する調査報告を公開した。

報告によれば、セキュリティに問題があったCGIは、2002年に問題を認識、2003年3月から問題を解決したCGIの配布を開始したという。その際、脆弱性を解決したCGIで旧CGIを上書きしたが、カスタマイズされたCGIについては、サポート外とし、新CGIへの移行を推奨するにとどめ、脆弱性情報を公開していなかった。

ACCSサイトにおいては、旧CGIをカスタマイズCGIと勘違いし、上書きを行わなかったとしている。同社ではサポート外の事故としながらも、陳謝している。

一方、ACCSでは、脆弱性情報が公開されず、また旧CGIの仕様が公開されていなかったことを指摘、ファーストサーバがサポート終了時に「セキュリティ上問題ない」と誤った情報を流したため今回の事件が起きたとコメントしている。

(Security NEXT - 2004/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開