Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、統合的なウイルス対策ソリューションを発売

日立製作所は、日立電子サービスおよびトレンドマイクロとの連携を強化し、事前対策から復旧、分析まで一貫したウイルス対策を提供する「ウイルス汚染防止ソリューション」を発売する。10月22日から順次提供される。

同ソリューションは、24時間365日、リアルタイムのウイルス監視を提供する「監視サービス」や、日立ソリューションサポートセンターからの「脆弱性診断サービス」、パターンファイル配信前に予防ポリシーを適用することにより、早期のウイルス侵入や感染拡大を防ぐ「大規模感染予防サービス」など、総合的なサービスを提供するもの。

また、サイト上でのウイルス駆除や、擬似ウイルスを含む訓練用メールを使ったウイルス予防訓練などのサービスも用意されている。価格は、監視サービスが18万円、脆弱性診断サービスが10万5000円、大規模感染予防サービスが3万円から。いずれも、100クライアントあたりの月額利用料。

(Security NEXT - 2004/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「東北文化の日」の旧ドメインを第三者が取得 - マルウェア配布に利用か
イベント告知メール誤送信 - 物質・材料研究機構
ユーザーID含む内部資料を誤ってネット公開 - Ameba
「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」の定例外更新 - まもなく公開予定
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS
セキュリティ関連の修正6件含む「WordPress 5.2.4」がリリース
JPAAWGのイベントが11月に開催 - メールやメッセージのセキュリティを議論
金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD