Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、個人情報保護法への対応を支援する統合ソリューションを発売

日本電気は、コンサルティングからシステム構築、運用支援までのサービスを統合的に提供する「個人情報保護ソリューション」を発売した。

2005年4月に施行される、個人情報保護法への企業の対応支援を目的としたソリューション。コンサルティングサービス、システム構築サービス、および運用支援サービスの3つで構成されている。提供においては、NECグループ10社と連携する。

コンサルティングサービスでは、専門コンサルタントによる企業のセキュリティに関する現状分析や、対応方針の策定、システム構築、定期監査などを統合的に提供する。弁護士による法律相談を行なうサービスも提供する。

また、データの持ち出し制御や暗号化、ファイルの操作監視を可能とする情報漏洩対策スイート「InfoCage」や、高い強度の暗号ライブラリ「SecureWare」シリーズなどのセキュリティ製品を提供して、情報漏洩に関する脅威に対応可能なシステム構築を支援する。

運用支援サービスでは、個別課題に対して弁護士による法律相談を行なう「相談センター」や、個人情報保護に関する定期監査などを行なう。また、個人情報保護に関する社員向けの教育支援も行う。

(Security NEXT - 2004/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
Oracle、「Java SE」の最新版をリリース - 脆弱性20件に対処
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性
「sudo」に権限設定バイパスのおそれ - rootでコマンド実行可能に
Adobe、「AEM」「Download Manager」に脆弱性 - 定例外パッチ公開
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
「東北文化の日」の旧ドメインを第三者が取得 - マルウェア配布に利用か
イベント告知メール誤送信 - 物質・材料研究機構
ユーザーID含む内部資料を誤ってネット公開 - Ameba