Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDIと沖縄セルラー、迷惑Cメール防止対策を強化

KDDIと沖縄セルラー電話は、au携帯電話における迷惑Cメールの防止対策強化のため、Cメールサービスの送信限度数を変更すると発表した。

今回の変更で、auサービスに加入した月を含む3カ月間は、Cメールの送信数が1カ月あたり3000通に制限される。それ以降は、1カ月あたり6000通が送信限度数となる。

また、プリペイド電話の契約者は、加入期間にかかわらず1カ月3000通を限度数とする。11月15日より変更開始の予定。

(Security NEXT - 2004/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 高知言語聴覚士会
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社