Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

診療報酬明細書が社保庁から漏洩 - 社保庁

社会保険庁は1日、政府管掌健康保険の診療報酬明細書(レセプト)の原稿3000枚が外部へ漏洩したと発表した。約9000分の個人情報が含まれていたという。

同レセプトの入力を担当した委託業者がテスト用データとして他社へ不正に提供、漏洩し、その後も研修などに用いられていたという。消費生活センターへの通報に明らかになったもので、本来データとして外部にでることがない病名といったセンシティブ情報も含まれていたという。

(Security NEXT - 2004/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック