Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日能研で個人情報漏洩の可能性

日能研は、同社より個人情報の一部が外部に流出した可能性が高いと発表した。

社外からリストの照会を受け、調査したところ、約100人分のリストが同社の保有している情報と一致したという。同社では、現在原因の究明や情報流出の経路の特定を急いでいる。

漏洩した情報は、氏名(保護者、生徒)、生年月日、性別、住所、電話番号。流出ルート、規模は明らかになっていない。内部関係者による犯行の可能性が高いとされ、最大18万人の漏洩に発展する可能性もあるという。

同社では、不正アクセス防止法に従い、8月23日に警察への被害届けを提出している。

(Security NEXT - 2004/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正