Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日能研で個人情報漏洩の可能性

日能研は、同社より個人情報の一部が外部に流出した可能性が高いと発表した。

社外からリストの照会を受け、調査したところ、約100人分のリストが同社の保有している情報と一致したという。同社では、現在原因の究明や情報流出の経路の特定を急いでいる。

漏洩した情報は、氏名(保護者、生徒)、生年月日、性別、住所、電話番号。流出ルート、規模は明らかになっていない。内部関係者による犯行の可能性が高いとされ、最大18万人の漏洩に発展する可能性もあるという。

同社では、不正アクセス防止法に従い、8月23日に警察への被害届けを提出している。

(Security NEXT - 2004/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%