Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Exchange Serverに脆弱性、クロスサイトスクリプティングによる攻撃の可能性

マイクロソフトは8月11日、同社サーバソフト 「Exchange Server 5.5 Outlook Web Access 」のセキュリティ更新プログラムを公開した。

同社によれば、クロスサイトスクリプティングの脆弱性を利用し、リモート環境から悪意あるコードを実行される恐れがあるという。さらに攻撃者は、Outlook Web Access サーバーのデータにアクセスできる可能性がある。

同社では、脆弱性の深刻度を「警告」としており、セキュリティ更新プログラムを適用するよう求めている。

(Security NEXT - 2004/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応