Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボーダフォンの新型端末にバグ、文字入力時に障害が発生

ボーダフォンは、シャープ製携帯電話「V602SH」において、文字入力時に障害が発生することが判明したと発表、その対処法などを掲載した。

今回の障害は、2004年7月2日より販売開始した携帯電話「V602SH」で特定の文字を入力、変換した場合、画面が消えて作成中の文章が破棄され、待ち受け画面に戻るというもの。発生原因はソフトウェアのバグだとしている。

同社は障害の回避方法について詳細をウェブサイトに掲載するとともに、希望者には預かり修理を実施する。その際、代替機が不足する場合もあり得るので、ボーダフォンショップへ在庫を確認するよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート